シェアハウスのトラブルを防ぐ管理人

シェアハウスと外国人

外国人の入居者と一緒になった時の心構えとは。

最近では日本人入居者の比率も増えてきていますが、外国人が日本で部屋を借りるのは それほど簡単ではありませんので、中・長期の滞在の場合シェアハウスを利用する外国人も います。 外国人の入居者としては外資系企業の社員や英会話教室の教師、観光目的の旅行者や留学生 などが多いでしょう。

英会話を学ぼうと勉強のためにシェアハウスに入居する場合は、入居時点で目的の言語圏の 出身者がどの程度いるのか確認した方が良いかもしれません。 もしも外国語を覚えたいという目的があるなら、ネイティブの外国人とも日常的に接する事の できる国際交流型のシェアハウスがお勧めでしょう。 積極的に外国語でコミュニケーションを取っていけば間違いなく上達します。

求人を考えてとらばーゆへの掲載を検討されている方、コミュニケーションの得意な女性はどうですか?
女性は、仕事内容も職場環境も生活環境も人間関係も、充実させたいと思っている欲張りさんなんです。
http://www.314-tora.net/category/1560465.html

外国人の中には日本語がほとんど話せない人もいますが、運営側との意思疎通のためにも、 多くの場合では英語は理解できます。 ですがここは日本ですから、いくら外国人が多いシェアハウスでも英語が出来なくて生活上 困ることがある、という事はあまりないはずです。 逆に日本語が話せない外国人の方は困っている事が多いですから、こちらが助けてあげる 立場になるでしょう。

日本へ来ている外国人は日本語を覚えたいと思っていますから、日本語でゆっくりと話して 教えてあげればだいたいは理解してくれる場合がほとんどです。 文化や習慣の違いなどによるトラブルが全く無いわけではありませんが、日本語が通じないから、 英語がしゃべれないからといった理由で困ることはそれほどないと考えてもよいでしょう。